エルシィ日記・猫

猫ちゃんを探していたころ~ネット掲示板~

投稿日:

スポンサーリンク






ブログランキングに参加しています♪ ブログランキング・にほんブログ村へ

本日は、猫ちゃんを探していたころの話です

 

以前、エルシィが3カ月を迎えた際に「ブリーダーさんの所から来ました」と書きました。
その記事はこちら>>>「3カ月のエルシィ」と「子供たちの絵」

実は、そのブリーダーさんに出会うまでに…さんざん迷っていました。
「動物と暮らしたい!」と思った時に、初心者は結構迷うもの…
少なくとも我が家はそうでした!

正直最初は「マンチカン」にこだわっていたわけではありませんでした。
これは今でもそうです。あまり猫ちゃんの品種に詳しくないからかもしれません。
だって、みんな可愛いんですもの♪
家に来てくれるなら、とあちこち見ていたものです。

最初はペットショップ

自宅近くにペットショップが何件かありますので、遊びに行ってみました。
大体どこも、ケージに入ってワンちゃん・猫ちゃんこちらを見つめています。

店員さんに声を開ければ、抱っこさせてもらったり話を聞くことができます。

ただ、ショップで感じたことは…

・店員さんはとても丁寧に教えてくれる。でも忙しそう。
・人間との接触が、かなり多い。(いい意味でなく)

店員さんは素敵な方が多いですが、忙しそうであまり長く話してもらうのも悪いなぁと感じてしまいます。
そして、「接触」ですが
申し出れば「抱っこ」できます、どんな人でも。
ブリーダーさんの所に見学に行く際も「他の動物との接触による感染のリスクを少しでも減らす」ために
「はしご見学」「他のお店に立ち寄る」ことはやめてくださいと言われておりました。
そういう意味での「接触」はかなり多いでしょう。お子さんも構っちゃうし。(可愛いからね…)

しかし、お客さんが来なければお家が決まりませんから…難しい問題ですね。
(少し追記しました)


 

里親募集【お店・病院など】

「里親を募集」しているところもたくさんありますね!
ペットショップでも、掲示板があり
「子猫が生まれてしまった」や「保護したが飼えない」など理由は様々ですが
いくつか募集がありました。

それよりも今は「保護猫ちゃんの猫カフェ」「里親会」など団体さんもたくさんあります。
飼うには条件があるところが多いですが(簡単な書類審査)
しっかり保護され、愛され、飼うにあたっても教えてくれるところが多いです。

猫ちゃんも子猫から成猫、いろんなバックボーンを持った子がたくさん。

うちの近くでは、学生さんがボランティアで保護活動をしているところがあります。
(子供がチラシをもらってきて知りました。)

譲渡会を開いているところもあります。一度猫ちゃんに会いに行ってみるのもいいかもしれません。

ネットの掲示板

これが今回一番書きたかった本題です。(長くてすみません💦)

ネット検索していたら見つけた「動物も含む、物の売買・譲渡ができる掲示板」
(あえて名前は書きません。)

あくまで掲示板ですので、「譲りたい」という方が書き込みをして、そこに応募する形となるよう。

無事、連絡をしあって飼い主が決まった動物さんもたくさんいるようでした。
でも何日か見ていると気になることが…。

とある飼い主さんが「猫ちゃんの飼い主さん」を募集していたのですが…

…日に日に条件が増えていくんです。

最初は「かわいがってくださる方」「健康管理をしっかりやってくださる方」
「たまにでいいので元気でいるか教えてくれると嬉しいな♪」のみだったのに…

「一人暮らしの方はご遠慮ください。学生さんも含む。
…大家さんの保証を譲り主さんが確かめにくい。
引っ越しがあると置いてかれてしまうのでは?という懸念のようです。

「住所はかならず現住所を申告してください。」
…どこの住所を申告する人がいるのか…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

「ドタキャンしないでください」
スケジュールを空けていた譲り主さんがお気の毒です。

「ネット上でのやり取りとはいえ「生き物」です。飼うつもりがある方だけ問い合わせください。」
「きちんとした話し合いができない方は、お譲りできません」

…いったい何があったのでしょう……😨

 

スポンサーリンク


 

個人対個人のやりとりはむずかしいもの?

「もともと知り合いだった」なら、スムーズなのでしょうね。

「あのお家なら大丈夫」「あの人なら信頼できる」と安心してお任せできます。

ただ、お互い匿名の「ネット掲示板」
あくまで推測ではありますが、きっといろんな方が問い合わせにいらっしゃったんでしょう。
全く顔も知らない個人同士のやり取りで、たまたまマナーのない方に出会ってしまって
本当に疲弊しているように見えました。

今回私が見たものは、
譲り主さんは、ごくごく普通のことを仰っているように見受けられます。
「可愛がってね!」「病院で健康管理してね!」「賃貸の方はちゃんと大家さんに確認してね!」
など。
あくまで猫ちゃんをしっかり飼ってもらうため、ご理解くださいと書いてありましたから…
責任感の強い方だと思います。

私は同時期にエルシィと出会うことになり…この方がどうされたのかまではわかりません…💦
どうか素敵な飼い主さんと出会えているといいのですけどね。
 言い訳になってしまいますが、
私が「ぜひ!私に!」とできなかったのは、「初めて猫を飼う」という私の環境が、
果たしてこの方の条件に合うのか…猫ちゃんを託してくださるのか…自信がなかったからですね…💦

 

今回、このやり取りを見て…

こういうインターネットの掲示板で
本当に簡単に「生き物の譲渡が出来てしまう」ことに疑問を感じました。

もちろん良い事もあるとは思うのです!むしろメリットの方が大きいのかな。

こういうインターネット掲示板を含むSNSなどがきっかけで、
迷子が見つかったり、飼ってもらえる子もいるでしょう。
救われる命もあると思います。

「飼ってみたい」「助けてあげたい」という方が探しやすい媒体だと思います。

悪いことは…ごくたまにでしょうが、上記のような事が起こりやすいことかな…。
気軽な問い合わせ、ドタキャン、虚偽の申告…

 

資格を持っているプロの管理者以外にも、
譲渡にあたり、個人にも適用されるガイドラインがあるといいんですけどね。
「善意」で保護活動をされている方が、より活動しやすくなるといいなぁ。

私はそんなにまじめな人間ではありませんが
エルシィと出会ったときは…それはもう真剣に考え、覚悟して問い合わせしました。

「動物を迎える」ということは「最後まで面倒を見る覚悟」が必要だと思います。
問い合わせも、よ~く考えて…慎重にしないといけませんね。

 

追伸~~

今回長くなってしまいました💦
お付き合いくださった方ありがとうございます♪
今回は、探している最中に感じたことをそのまま書いてしまいました。
「どの立場でもいろんな方がいるけれど、お互いのことをよく考えルールを守って猫ちゃんを助けられたらいいね♪」
というのが全てです。

ネット媒体の批判に見えたらごめんなさい💦書き方がうまくなくて💦
でも「顔が見えないから」「気軽に連絡できるから」
「礼」が欠けたことをしてしまう方もいる、というのを実感した出来事です。

自分も重々に気を付けないといけませんね。m(__)m

 

ブログ村ランキング・人気ブログランキング・にFC2ランキングに参加しています☆
↓↓応援してもらえると嬉しいです♪↓↓


人気ブログランキング
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

いつも皆さまのおかげで楽しく記事を書いています♪ありがとうございます!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



☆お買い物は♪Amazonでどうぞ♪

-エルシィ日記・猫

Copyright© ねこいろ いすとわ~る , 2017 AllRights Reserved.