エルシィ日記・猫

猫ちゃんの去勢・避妊手術とは

更新日:


猫ちゃん初心者には難しい問題の1つですが…

避妊・去勢手術をどうするか?…ということです。
…とは言いましても、私が子供のころは、手術をしている猫ちゃん・ワンちゃんは稀でした。
(田舎で外猫多かったですから、持病があるとか…そういう子のみでしたね)
ですが、今は違うんですよね。
もちろん強制ではなく、飼い主に選ぶ権利はありますが…勧められます。
旦那さまは最初「室内飼いの予定だから、必要ないのでは?」と言っていたのですが、私が決めてよいとのことです。

結果、手術予定です。

理由としてはいくつかありまして…
1、出産予定がない。……出産経験がなく何度か発情を繰り返した場合、かかりやすくなる病気があるようです。
2、相手がいない。…室内飼いですから必然ですが…。相手がいないのに、発情してしまったら…なんだか飼い主としては申し訳ない気持ちになります💦
3、発情期特有の行動…上記と関連しますが、「大きな声で鳴く」(尋常じゃないくらい大きいそうな)、「甘える」「気分のむら」など、特有の行動があるそうです。
4、引き取る際の条件…手術をすることが条件、としています。

メリット・デメリット

手術をするメリットは…「女性器特有の病気を防げる」「発情がないため、穏やかになる」「望まない出産がない」こと。
出産による体力の消耗もない、ということになります。

逆にデメリットは…「医療行為(麻酔あり)なのでリスクもある」「エネルギー消費量低下のため太りやすくなる」だそうです。
正直、普段あまり病院通いをしない私にとっては…手術、というものは怖いです!とても心配です。
しかし、調べてみると…
うちの子はメスなのですが、メスの発情期は年に3~4回期間も1週間くらいだそうで…
長いニャン生の中、1年のうちこれだけの期間、もやもや~~としながら過ごすのかと思うとねぇ…。
あとは鳴き声!
「鳴き声くらいなら…」と思っていたのですが、時々家の外から、一晩中野太い大きな猫の声がすることがあって……
話を聞いたら、それが「発情期の鳴き声」だということで…それはちょっと…と💦
心穏やかに暮らしてくれたらいいなぁ~と思って、うちは手術することにしたのです。

スポンサーリンク




色々な考え。

わが家は色々考えて、する予定でおりますが…デリケートな問題ですよね…
いろんな考え方があると思います。
どうしても手術はさせたくない、という方もいらっしゃると思います。私だって怖いですから…。
それぞれの飼い主さんの思いは、ねこちゃんにきっと伝わることでしょう。

おいくら…?

そうそう!忘れていました!
気になるのが「手術費用」ですが、病院によるそうです。
オス、メスによっても違うようです。
私の地域は3~4万円くらいだそうです。
手術法も様々。
こればかりは病院で詳しく聞いてみないといけませんね。
自治体によっては補助金がある所もあるそうです。私も調べてみます。

~追記~
私の住む自治体では「ワンちゃん猫ちゃん去勢・避妊費用の一部助成」がありました!
 市内の病院で手術の際に問い合わせれば「書類」をくれるので、そこで申請するのだそうです。
「自治体のHP」にはあるなし載っていますし、病院でも教えてくれると思いますよ♪

ブログ村ランキング・人気ブログランキングに参加しています☆
↓↓応援してもらえると嬉しいです♪↓↓

にほんブログ村 猫ブログへ


いつも皆さまのおかげで楽しく記事を書いています♪ありがとうございます! これからもよろしくお付き合いくださいませm(__)m

===スポンサーリンク===







あわせて読みたい記事


☆Amazon

-エルシィ日記・猫

Copyright© ねこいろ いすとわ~る , 2017 AllRights Reserved.