日常

【エコで便利♪】夏休みの工作にも使える!牛乳パックで椅子を作ろう!

更新日:


 

牛乳パックで「椅子」を作ってみました!

これ、しばらく前から作っていた【牛乳パック椅子】です♪

こどもっちがトイレの電気を付けたり、手を洗ったりするのに「洗面所用の踏み台」が欲しいと思ってたのね~。
100均などで何か台を買ったら早いんだけど…前にネットで「牛乳パックで椅子&踏み台が出来る」という

記事を見て、調べてみたら出来そう!なのでコツコツ牛乳パックを集めて作っていました☆

作り方は簡単☆

 

牛乳パックの上下を三角に切って、組み合わせて三角柱を作ります。24個。
それを組み立てれば完成!
一応完成しましたが、やり方としては…板状のものを4つ作ってから
最後に組み合わせる方がキレイに出来ると思います。

そして、丈夫にするために私は中に要らなくなったチラシを詰めてみました。詰めるといっても…パンパンにならないくらいに
調節しながらしないと、仕上げる時にくっつかなくて大変。

 

今はガムテープで仕上げてそのままだけど、包装紙を貼ったり、キルティング布を貼ったりすると
よりキレイに仕上がるそうなので、どんな柄にしようか考え中です☆
布を張って、一番上の部分に綿を詰めたら、フワッとしていいんじゃないかな?

いや…踏み台にするんだったら、フワッとしていないほうがいいのか…。マヨウナァ…。

落ち着いたら、もう1つくらい作ってみようと思っています♪

「牛乳パック」で「椅子」を製作するときの注意!

気に牛乳パックを24本集めるのが大変です💦
一週間に3本集まるとしても…8週間…

うっかり捨てないようにしないといけないですね~。

牛乳代と、布代とか考えると…あれれ…100円ショップいったほうが安かった?ともなりかねません(苦笑)
しかし!子供の工作にはなかなか面白くていいです。
低学年ならば、これ「夏休みの工作」にも使えます!
持ち帰りが大変!ならば小さくも出来る!そして紙なので軽いです。

ぜひぜひ!夏休みの宿題に!
「廃材」で出来るのがGOODですよね(*^▽^*)

踏み台としても活躍する「牛乳パック椅子」結構もちます!

さすがに「いつまでも使える!」というわけではありませんが…
お子さまのちょっとした「踏み台」にも使えるんです。

「踏み台」として2つ3つおいておけば・・・
お子さんがちょっと電気を付けたり・・・
顔を洗ったり、お手伝いしたり・・・も楽々♪

長く使いたい場合は、貼り合わせたダンボールがへたってきますので、
ダンボールを取り換え、綿を詰め直せばかなり長く使えます。
(コスパがいい!とは言えないかもしれませんね💦)

もちろん「椅子」ではなくても
他の物も作れます。
全てはあなたのアイディア次第!
「牛乳パック」で工作、チャレンジしてみては?

 

にほんブログ村 猫ブログへ


いつも皆さまのおかげで楽しく記事を書いています♪ありがとうございます! これからもよろしくお付き合いくださいませm(__)m

===スポンサーリンク===







☆Amazon

-日常

Copyright© ねこいろ いすとわ~る , 2017 AllRights Reserved.